京都で新築・リフォームをお考えなら-[株式会社創栄建設]


お気軽にお電話ください。

株式会社創栄建設 会社概要
HOME >> コラム
建築コラム

少しまとめてみました。


建築基準法6条1項一号、二号、三号の建築物は、建築(新築、増築、改築、移転)・大規模の修繕・大規模の模様替・特殊建築物への用途変更にあたる場合、建築確認が必要になります。
四号については建築にあたる場合は建築確認が必要ですが、大規模な修繕・大規模な模様替の場合、建築確認は不要です。

例えばビフォーアフターのような柱・梁だけ残して全面リフォーム(大規模の模様替)する場合でも四号建築物に該当していれば、建築確認は不要になります。
これが木造3階建になるとニ号に該当するので建築確認は必要になります。
それから、床面積が増える場合は建築(増築)にあたりますので四号でも建築確認は必要になります。


建築基準法6条
一号 別表第一(い)欄の床面積100m2超の特殊建築物
二号 大規模の木造建築物 (階数3以上 延べ面積500m2超 高さ13m超 軒高9m超)
三号 木造以外の建築物 (階数2以上 延べ面積200m2超)
四号 一号~三号以外の建築物(例えば小規模な木造2階建て)


・大規模の修繕:建築物の主要構造部(壁、柱、床、梁、屋根又は階段)の1種以上について行う過半の修繕
・大規模の模様替:建築物の主要構造部(壁、柱、床、梁、屋根又は階段)の1種以上について行う過半の模様替


補足
防火地域および準防火地域外の場合で増築、改築、移転に係る部分の床面積の合計が10m2以内のものは建築確認不要。

営業エリア

京都府
京都市全域│向日市│長岡京市
亀岡市│大山崎町│城陽市
宇治市│京田辺市│八幡市
久御山市│宇治田原町│木津川市
井出町│精華町│和束町│笹置町
南山城村 大阪府
高槻市│池田市

Copyright© 株式会社創栄建設 All Rights Reserved.